本を読んだり、読まなかったり

445  『猫の話』 猫びより編集部

あ、そうだ。これも読んだんだった。いろんな人が書いた猫エッセイをまとめたもの。

通して読んでわかったこと。飼っている猫がヒマラヤンとかロシアン・ブルーとかペットショップで買った高い純血種について書いている人の文章は不思議と気に入らない。普通の雑種、それも野良猫が居ついちゃってみたいな人の文章は気に入ることが多いみたいだ。

一番良かったのは早坂暁の、死を前にした猫(公園通りに住む野良)が死に場所を求めてよろよろと歩いて行く話。猫が目指したのは明治神宮の森だった。その手前の道路を横切る猫を助けようと、早坂さんは道路に飛び出してクルマをとめてしまう。猫が自力でよろよろと渡り終えるまで。
[PR]
by tummycat | 2009-05-15 19:15