本を読んだり、読まなかったり

534  阿刀田高 『やさしいダンテ<神曲>』 角川書店

ギリシア神話だの聖書だのコーランだのを素人にもわかるようにやさしくかみ砕いて書く人らしい。初めて読んでみました。実は必要あって、ダンテの『神曲』(ただし地獄篇と煉獄篇のみ)を買ったのだけれど、それを読む前にざっと内容をつかみたいと思ったのでした。

一日で読める超簡単な本でした。よく知っている人が平明に解説している本ではなくて、阿刀田さん自身あまりよく知らないんだろうなぁと感じましたけど、文句をいう筋合いではありません。それでも、こんな(↓)書き方をされるとやっぱりちょっとがっくりきます。

…と、簡略化して綴ったが、これはみなキリスト教的な伝説と歴史のアレゴリー。一つ一つに意味があるらしいが、詳説は避けよう。

まぁ、こういう本で手抜きしようと思わず、ちゃんとダンテを読もうと思います。
[PR]
by tummycat | 2010-06-08 22:13