本を読んだり、読まなかったり

104 「背中の黒猫」 鹿島茂著 (文芸春秋)

鹿島センセイの楽しいおしゃべりを聞いているという雰囲気だが、この程度の文章を「エッセイ」と評するのはどうかなぁと思う。猫の話は面白かったが、後半はいささか退屈だった。
[PR]
by tummycat | 2004-04-12 00:00 | か行