本を読んだり、読まなかったり

165 「生きがいについて」 神谷美恵子著 (みすず書房)

神谷美恵子が自分のすべてを注ぎ込む決意で書いた本。元々はずっと長いものだったがそれを削って今の分量になったそうだ。たしかに読んだ印象も、多くの情報量がぐっと濃縮されている気がする。またすべてを網羅しようとしたために一種、教科書のように範囲が広すぎる印象もあった。(特に最後の「心の世界の変革」「現世へのもどりかた」は少なくとも今の自分にはあまり関心がもてない。)

 本を読む前の自分には、「生きがい」という言葉はあまりぴんと来ないものだった。自分は「こういう生きがいがあります」と胸を張って言える状態でもないけれど、かと言って、生きがいがなく暗い人生を歩んでいるわけでもないから。しかしこの本の「生きがい喪失者の心の世界」を読むうち、これに当てはまる状態だった1年間があったということに思い当たった。世界から見事なほど色が消えていた時期が自分にもあった。

 「生きがい」という言葉から現代の日本人はどうしても人生哲学的なものを想像するのではないか。しかしこの本で扱っている「生きがい」はそのようなものではなく、人間という存在について哲学的、精神医学的な目も含めて複合的な角度から書いているものだ。感傷がなく、冷静だが、底には著者の暖かい血が感じられる。読後には「生きがい」という言葉のイメージが変わる本だ。著者が精神科医として勤務していたらい病施設の人たちの生き方が多くの例として書かれているが、それらの多種多様な生き方を見ると、生活に追われて精神面が隠れている自分たちの根底にある姿を見せつけられる気がする。

 人はそれぞれ異なる心の世界を持っていること。自分がそのなかで最ものびのびできる世界を作ろうと努力していること。人が苦しい経験をしたあと、人の心は深くなり、今までよりも多くの角度から物事を見られるようになること。人間の生物としての生命力が精神を助けること。精神化と社会化のバランスがとられその上で個をいつくしめる状態が愛のある状態であること、など印象的。

 たしかにこの本は素晴らしい本だと思う。が、生きがいを失いかけ、また立ち直って生きた一番素晴らしい例はおそらく神谷美恵子自身なのではないか。この人の本をもっと読みたいと思った。

 アン・モロウ・リンドバーグの 「海からの贈り物」にあるように、貝はそれぞれの分泌液から個性的な貝殻模様を作る。人も同じようにそれぞれの模様を描き出す。自分も冴えないが自分なりの模様を作ってきたわけで、それはまだ終わっていないわけだ。これからもしっかりせんといかんよ、自分...。
[PR]
by tummycat | 2005-02-14 00:00 | か行