本を読んだり、読まなかったり

263 丸谷才一 「綾とりで天の川」 文藝春秋

丸谷さんのいつものエッセイ集。ネアンデルタール人の話やミイラの話が面白かった。
福沢諭吉は火葬されず、偶然に条件のよい土葬だったのできれいなミイラとなって
発掘されたそうなのだが、遺族がすぐに火葬してしまったのだそうだ。
学者たちは残念がったが、どうも「福沢諭吉」&「ミイラ」は一般民衆の感覚としても
しっくりこないものがあったらしい。

マリリン・モンローとジャクリーヌ・オナシスの共通点の話も面白い。
ふたりともファーザー・コンプレックスで、可愛らしいブリッ子のしゃべり方
(西洋人では珍しい)をする人だったんだって。
モンローは夫アーサー・ミラーのことを「ダディ」と呼んでいたそうな。うひゃ。
[PR]
by tummycat | 2006-07-20 10:30 | ま行